オススメ

お気に入りブログ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オンライン状態

2007年4月 8日 (日)

食蔵 荒為で昼食  2007年4月7日

Aratame01 家からほどないところにある料理屋さんへ行ってきました。義父母とまえにはなしていたときに近くにおいしい料理屋さんがオープンしたとかで一度行ってみたいといっていました。話を聞く限りだと、昔ながらの日本家屋を利用したもので、雰囲気もいいのだとか。値段はこのあたりではちょっといいみたいなのですが、おいしいそうなのです。

そんな話を聞いていて、今度知人の方におめでたいことがあったとかでみんなで食事会をすることになりました。どこかいいところとAratame02いうところで浮上したのがそのお店。とはいえ勝手がわからないのでちょっと行ってみてほしいということなので妻とともにお昼をいただきに行きました。

本当なら夜に行くのがいいのでしょうがコースで4200円~というのを聞くとちょっと・・・。というわけでそこまでは出せないけれどもそれなりのものを見て補遺他方がいいのかなということで昼食をいただきに行くことにしました。それほど大きくないということなので予約して出かけることに。

Aratame03娘も一緒に車で出かけて到着したのはこじんまりとした駐車場。その隣に石造りの門をくぐると、周りとは明らかに違う雰囲気のたたずまいが現れました。中へ入ると、歴史を感じさせるものでした。話をきくと、明治から続く商家なのだとか。

一応目的は視察なので、ちょっと奮発してお昼2940円の荒為御膳というものを注文しました。通された座敷は各テーブルが掘りごたつになっていて、落ち着く感じ。娘も普段とはちょっと違うためか興奮気味でした。ガラスは昔見たことがある波ガラス。今のもガラスとは違って少し見え方ゆがんでいるのがいいんですよね。

走行していると運ばれてきたのはまず前菜。筍と帆立のサラダ。醤油ベースのもので筍の香りがさわやかですがすがしい感じです。そのあとにお膳が運ばれてきました。どれも手の込んだ感じがして見た目での楽しめたのですが、私が特に気に入ったのは写真にも在る煮物。蛍烏賊と筍それと里芋、麩の似たもの。見た目はシンプルなのですが、これが実に奥深い。それぞれの素材の味を生かしてあってとてもおいしかったです。

それともうひとつ驚いたのは刺身。普段そんなにいいものを食べていないためか、こんなにも違うのかと驚いたのは鯛のおつくり。身の締まり方といい凛とした感じがして口に入れた瞬間驚いてしまいました。さすがちょと値が張るだけあってどれも満足のいくものでした。最後にデザートとコーヒー。このあと用事がなければもう少しのんびりしていたのですが後にしました。

妻と話しながら、ココならみんなで食事会しても大丈夫そうかなと思いました。二階には広間があって30人ほどの宴会も可能のなのだとか。お昼でこれだけよいのだから夜も期待していいのかなと思います。ちなみにお昼は11:30~14:00 1260円~。 夜は17:30~22:00 4200円~。どちらも予約していかれるのがいいかと思います。電話:0296-21-1356。お近くの方にはお勧めします。気軽には使えませんがたまに行くならこういうところもいいかがですか。

最近のトラックバック